行事予定

市民ウォーキング〈相模原の開拓〉

 相模原は水のない不毛の土地でした。江戸時代、小山の名主 原 清兵衛が相模野200町歩を開拓しました。相模原の中心部の地名 清新は開拓者 原 清兵衛にちなんで名付けられています。蓮乗院に当時、幕府役所が置かれました。原 清兵衛の墓地が在ります。尾根緑道から発展著しい相模原市を展望します。絶滅危惧種ホシ桜の自生地片所谷戸を通ります。久保ヶ谷戸横穴墓は前庭部が19mあり、全国でも最大規模です。大山詣での時、水垢離(みずごり)して出かけました。境川にはそんな場所が残っています。

○コース JR横浜線橋本駅前~三ツ目山公園~草地広場〈昼食〉~京王相模原線多摩境駅前(8Kmゴール)~片所(かたそ)谷戸~JR横浜線橋本駅前(13Kmゴール・2時半頃)

開催日 2017年12月17日(日)
開催場所 ○集合場所 JR横浜線橋本駅北口 午前8時50分集合
 ○持ち物 弁当、水筒、雨具等
駅前で黄色のユニフォームを着た世話人がご案内してます
参加資格・料金 市内在住、在勤、在学の小学生以上の方及び会員
○費用 1人500円、会員200円(当日徴収)
*75歳以上の会員は百円。
申し込み方法 歩きやすい履物と服装で直接集合場所へおいで下さい。
問い合わせ・町田ウォーキング協会 村田あて
 電話〇九〇―八七四七―一九五八